気を付けて!在宅で仕事をしたいママが狙われてる?わたしの失敗体験談。

WRITER
 
48419436ca14211313df811923908a68.jpg
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!

2歳の娘が日に日に成長していく姿が楽しみな、マキマキです(*‘ω‘ *)!

 

子供の成長をちゃんと見守りたい!

あまり外で働き過ぎると家庭のバランスが崩れてしまう!

でも、収入も得ないと!

って、ママは悩みがいっぱい。

 

わたしは、2017年、とってもそのことで悩んでいました。

悩んでいるだけで、一歩を踏み出せない自分も嫌で。

焦りだけが増幅していくような、そんな時期でした。

 

そんな時、長年の友人から、在宅でできるお仕事の情報が!

慎重だったわたしが、こっから地獄を見たお話。

 

今はもう、復活して、元気に過ごしていますよ!(^^)!

 

身近なところに潜む危険。

こんな経験は、しない方がいいに決まってます(>_<)

 

だからもし、今、まさに、1人悩んでいらっしゃるなら。

この経験が、お役に立てば、心から嬉しいです。

 

わたしのように失敗する前に、気づいてほしい!

未然防止( ;∀;)!

 

この記事はこんな方におすすめ
友人・知人・親戚など身近な人から、ネットで収入を得る系のお話に誘われている。

今、働くことができない自分に、焦りばかり感じてしまっている。

自分はダメだと責めてしまって、自己評価が下がってしまっている。

 

働きたいけど働けなくて困っていた時期に、それは起こりました。

daisy-712892_1920-min

2017年、娘が1歳、アニー(お兄ちゃん)は小学5年生でした。

 

保育園に娘を預けるにはフルで働かないといけないし。

フルで働くと子育てに影響が出てくるし。

今は節約。

そう考えて生活してました。

 

そういう状況でもありましたので、在宅で働くことへの憧れはとってもありました。

それが理想の働き方だなあと感じていて。

 

わたしがやってみたいと思っていたのは、「ブログ」です。

初めてブログを楽しく読むようになったのは、2010年頃だったと思います。

当時、「東方神起」に興味をもち、ネットでいろいろと調べだしたのがきっかけです。

今も、東方神起は大好きです!

 

そこから、自分も書いてみたいなあと、思うようになりました。

が、ハードルが高くて、手を出していませんでした。

 

主婦の方が書かれている、おもしろくて、役に立つ!ブログ。

そんなブログを読むのが、今も大好きです!

 

その後も、度々、ブログやりたい熱がやってはくるのですが。

いろいろ調べても、調べれば調べるほど、何が正解なのか、さっぱりわからなくなり・・・

「ブログやってみたい!」「いやいや、無理!」という繰り返しのまま、月日は流れ。

友人からのアプローチは、こんな感じでした。

 

2017年のことです。

わたしは、娘の出産前にパートの仕事はやめていましたので、働かなくては!という気持ちは常々ありました。

 

そんな時、長年の友人に、ネットで収入を得られる方法を学んでみないかと声をかけられました。

友人は実際収入を得ていて、月収30万あり、少しなら仲間を増やしてもいいと思っているとのこと。

で、メルマガを作ったから読んでみてほしいと。

 

友人とは境遇が似ていて、お互いの苦労も知っていました。

一生変わらない大切な仲間だと思っていました。

 

だから、声をかけてくれた時は、純粋にわたしのことを心配してくれているのだと思っていたのです。

 

友人は、ママ達が、経済的自立できるように支援していきたい!という夢を語っていました。

そして、それはわたしも同じ思いでした。

 

まずは、自分自身が、経済的自立を果たし、それを世の中に役立てていく。

すばらしいなあと思いました。

 

だからこそ、それを見事成し遂げた友人から、教わりたいと思いました。

ネットの世界は怖いと思っていたから、知らない人に教わるよりも、友人からの方が安全で確実だと信じて。

 

わたしがやりたかったことはブログでした。

が、そこに飛び込む自信もない。

ブログではないけど、友人の仕事の方法がどんなものなのか、学んでみたいと思いました。

 

当時、働けていない自分に自信を持てず、自己評価の低い状態。

授乳中で、睡眠不足の毎日。

思考力も落ちていました。

 

そういう状況のまま友人の話を聞き、そのまま鵜呑みにしていったのです。

こんなメルマガは解除してしまおう!

 

メルマガを登録すると、毎日、友人から送られてきました。

まずは、読んでみようと思って、気楽に登録しました。

 

でも、続きが知りたければ、メルマガ内のアンケートに、答えないといけませんでした。

「どんな仕事?」

「講座を受けるにはいくらなの?」

それが知りたかったので、返信しました。

 

毎日届くメルマガ。

日が経つごとに、アンケートは、どんどん急かされるようになっていき。

「本日中に返信してください」

「6時間以内に返信してください」←えっ?

今思えば、相手のペースに持っていかれたわけですね。

 

メルマガの内容では、一貫して、「行動が大事」ということを伝えてきます。

わたしは、この仕事がどういうものか、そして金額が知りたいだけなのですが、それを知るためには、アンケートに答えないといけない・・・

 

「行動すること」は確かに大切です。

「行動」しなければ、何も変わりません。

それは、わたしも、強く強く思います!

 

ですが!

 

そのイニシアチブを、相手が持つことは、違いますよね。

あくまでも、自分でよくよく考えて、行うものです。

 

6時間以内に行動して!

つまり、返信して!ということですけども。

で、その内容が、まだ金額も知らないのに、「仲間になりたい」と宣言させることなのです。

 

焦らせること。

メルマガで、さらにそれをあおること。

考えさせる時間を奪うという、テクニック。

 

講座の詳細を知るまでの流れを書いておきますね。

①まずは、メルマガ登録。

②内容を知りたければ、アンケートに答え、必ず返信しなければならない。

③講座の費用については、最終日のメルマガを読んでも、開示されない。

④それでも、先に、アンケートという形で、「仲間になりたい」ということを宣言しないといけない。

⑤宣言した人には、後日ラインで面談がある。

⑥そこでまた、この講座についての話を一通り聞く。

⑦ここまできて、やっとお値段が(+_+)

 

もうお気づきかと思います。

おかしいです~( ゚Д゚)

あやしさ満載!

 

はい!

ここで、わたしは間違いをおかしました。

 

「長年の友人が、わたしをだますようなことはしない!」

「あの人は、そんな人じゃない!」

これが、発動してしまいます。

ギャー(-_-;)

 

 

もし、今、こういう焦らす系・あおり系のメルマガに出くわしてしまっている方。 いらっしゃいましたら、速攻解除した方がよいです。 それが、たとえ友人・知人・親戚の方であっても。

 

 

メルマガを通して、相談を受け付けますよ!という内容なら、わかります。

知りたいと思うから、メルマガを登録しているわけですからね。

こちらが知りたいことを聞くために、「宣言」をさせるのは、違うと思います。

 

「すぐに行動(返信)してください!」

というやり方をしてくるのは・・・

 

じっくり考えられてしまったら都合が悪いから・・ですね。

どういう内容のお仕事だったのかというと・・・

 

わたしは、この講座を始めてしまいました。

で、最初の資料をもらった時、本当は既にこころの中で気づいていました。

 

「しまった!」

「なに、この講座(゚Д゚;)!」

「ああ、もうこれ、いろいろ終わったわ。」

 

本当は、そう思ってた。

 

でも、それを認めることが、本当に本当に怖かった。

 

お金を払ったことも、もちろんですが。

だけど、なによりも。

友人は、わたしをだましたりしない!

この後、もっと有益なことをきっと教えてくれる。

そう信じたかった。

 

そうであってほしかった。

 

 

結局、この講座は、どんな内容なのかっていうと。

 

 

【第1段階】ポイントサイトで、自力で10万円分稼ぐ。2ヶ月以内に。

 

わたしは、払ったお金を少しでも回収すべく、ポイントサイトで頑張ってみました。

これは、誰にも迷惑はかかりませんのでね。

 

でも、やっていて空しい~。

手間はものすごくかかるし。

睡眠不足なのに、さらに睡眠不足に。

 

幸福感もないし、ただの作業。

人に勧められる内容かと言ったら、絶対勧めない!!

 

この時間と労力は、もっと別のことに費やすべきです!

 

しかし、これが終わらないと、【第2段階】には進めないのです。

 

サクサクとはいかず、毎日数時間、約2ヶ月かけて、10万円、達成しました。

 

でも、これは、あくまでも、トータルで受け取ったポイントなのです。

2ヶ月でやるってなると、何かを購入したり、登録したり、現金を使う要素も出てきます。

 

だから、純粋に10万円を得たわけではありません!

 

大事なことなので、何度も言っておきます! このような、無理やり実績を作るようなやり方は、絶対におすすめしません。

 

 

【第2段階】これを実績として、このやり方を人に売る。

 

10万円得られる方法があると言って、それを5万円で売るそうです。

それを6人に売ったら、月収30万円・・・

 

つまり、友人がわたしにやったこと、そのものを、わたしもやれば、月収30万を得られるということ。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

 

無理( ̄▽ ̄)

 

わたしにはできない。

 

モラルは?

 

結局、わたしは、自力でポイントサイトでお金を得たのみで、その次の段階はやってません。

ワークシートみたいなの、もらいましたけどね。

 

つまり、なんの役にも立たなかったわけで・・・

 

高額なコンサル料金を払って、これです。

 

 

はぁぁぁぁ(-_-;)

問題を先延ばしにするのは、よくないですね。

 

ここから、こころの整理をつけるのが、本当に大変でした。

 

まずは、落ち込みますよね。

自分を、責めまくりました。

 

相手を責める気持ちよりも、自分に対しての方が、ずっとずっと、はるかに大きかったです。

 

毎日毎日、こども達が起きてこない静かな早朝に、1人反省しました。

 

「こんな仕事はしたくない。」

「講座やめよう。」

「そう、伝えよう」

 

でも、その前に、他に少しでも何か役立つことを教えてもらえないものだろうか?とも思いました。

なぜなら、友人は、いろいろなことを手掛けていると言っていましたので。

最後のあがきです。

 

お金も時間も無駄にした。

それは認める。

でも、せめて、何か一つでも、この講座をやってよかったと思えることが欲しかった。

 

けれど。

そうやって、問題を先延ばしにしても、自分の首を絞めるだけでした。

結局どんどん、さらに搾取されそうになり・・・

 

「まずい!」

本気でそう思ったある朝、ようやく決意できました。

 

 

「この人から学ぶことは、何もない。」

 

 

払ったお金・無駄にした時間を嘆くよりも、これからの自分の未来の時間を大切にしよう。

そう思えました。

なぜ、こういう事態を招いてしまったのか?

 

ただ、友人と話し合いをする前に、自分自身の、こころのことは、清算しておきたかった。

 

なぜ、このような事態を招いたのか。

 

①誘われた時、わたしは、働きたくても働けない状況にあった。

②授乳中で、寝不足で、思考力も落ちていた。

③働けていない自分に、ふがいなさを感じていた。

④自己評価はとても低い状態だった。

⑤自分のやってみたいこと(ブログ)に手を出すこともせず、自信も低下していた。

⑥今、実際収入を得ている人から、その仕事の方法を学んだ方が良いと考えてしまった。

⑦友人だからという理由で、慎重さを欠いてしまった。

⑧自信のなさから、友人に頼る気持ちが自分の中にあった。

 

成功者から学ぼうとすること自体は、間違っていないと思います。

でも、自分のこころの声を聞くことなく、収入を得ないと!という「焦り」から、動いてしまったことが反省点です。

 

焦りは、正常な思考を奪います。

 

友人のメルマガは、「焦り」を増幅させる内容のものでした。

「このままではいけない」

「今すぐこの方法を学ばないと」

と思わせるような、煽るような言葉が、たくさん散りばめられていました。

 

メルマガには、こういう様なことも書いてありました。

 

「インターネットの世界では、怪しいものがたくさんあります。

詐欺のようなものもあれば、ブラックに近いグレーな手法や、道徳的にどうなの?というものまで。

わたしは、子供を守る立場のママですから、怪しいことはしないし、警戒心は人一倍強いです。

そんなわたしがお伝えするので、安心してください。

この手法は、ブラックでもグレーでもなく、完全なホワイトです。」

 

これ、本気でそう思ってるのかなあ?

 

こんな人だった?

 

「ウソではない」ということをもって、「ホワイト」と表現しているのかなあ。

 

例えば

友人は、ママ達を対象に、「あなたもできますよ」と発信しています。

確かに、やろうと思えば、誰にでもできる。

難しくないことではあります。

それは、「ウソではない」。

 

だけど!

 

モラルに反すると思うんですよね。

良心があれば、こういうビジネスは、できないと思うんですよ。

友人が言うには、「やれない(行動できない)のは、メンターのせいではない」そうで。

 

 

「うそではない」ことを、おおげさに書いたり、意図的にまぎらわしい表現をする。

 

巧妙です。

 

「ママたちの経済的自立を応援したい」っていう夢を掲げてた友人のことを、尊敬してただけに、残念です。

 

だけど、自分が招いたことです。

自己責任です。

 

わたしが、愚かだったんです。

「価値観」は本当に大切です。

 

早朝反省を続けていると、だんだん、感謝が湧いてくるようになりました。

 

変わらず愛してくれる家族。

相談にのって下さった方々。

周りの人々への感謝で、こころが、あったかーくなりました。

 

生かされていることに感謝!

 

そんな気持ちになった時。

大丈夫。

前に進もう!

そう思えました。

 

 

冷静になれたところで、ようやく、友人と話合いの場をもちました。

 

「これをやっても、わたしは幸福感を得られない。」

「だから、やめるね」って。

 

すると、友人の口から、予期せぬ言葉が。

 

「わたしは、収入を得ることと、幸福は、分けて考えてる」

 

えっ?

 

えぇっ??

 

ガーン

ガーン

ガーン

 

ショックすぎ。

 

本当に本当に心から、何とも言えない、悲しみのようなものが、あふれてきました。

 

と、同時に、まだほんの少し残っていた、友情の様なものも、その悲しみと共に、流されていったように感じました。

 

だから、しっかりと、こころの中で決別することができた。

 

「価値観の違い」・・・です。

人生、どこからでも、やり直せる!

 

あれから、月日も流れ、今は自分のやりたかったブログを始めました。

 

自分を大切にできるようになりました。

 

失ったものは大きかったです。

でも、それがきっかけで、本当に自分がやりたいことは何か?を掘り下げる機会になりました。

 

わたしは、何を大切に思い、何を嫌だと思っているのか?

 

これを掘り下げていく過程で、自分を認め、自信を取り戻し、明るい未来を描けるようになりました。

 

こういうトラブルは、出会わない方がいいです。

絶対に!

 

が、起ってしまったものは仕方ありません。

わたしは、試練から学び尽くすつもりで、反省しました。

 

自分の思い・考えよりも、他人の言うことを聞いた方がうまくいく、気がする時があると思います。

でも、収入という「結果」だけをみて、「成功」ととらえるのは、早合点でした。

 

それは、どのようにして得たお金なのか?

その仕事は、幸福を生み出しているか?

この視点を、大切にしたいと思います。

こころが弱くなることは、誰にでもあるからこそ、大切にしたいこと。

 

わたしが知っている友人は、こういう人ではなかった。

 

信頼できる人だった。

なぜ、急に変わってしまったのか、それが今も分かりません。

 

わたしが気づかなかっただけで、元々そういう人だったのでしょうか?

 

友人が変わってしまったのには、きっと理由があるのだと思います。

 

もしかしたら、どうしてもお金が必要だったのかもしれない。

本当に、この仕事でママ達が収入を得られると考えていたのかもしれない。

友人もまた、誰かにだまされているのかもしれない。

それを途中で気がついても、引き返せなかったのかもしれない。

 

真相はわかりません。

 

この件で、一番わたしが警鐘を鳴らしたいと思うこと。

 

それは、友人だからこそ、こころに隙ができたということ。

 

こころの警戒フィルターを、完全に突破されました。

最初の段階で。

 

誰でも、こころが弱くなる時ってあります。

 

だからこそ、忙しくても、1人静かな時間をとり、こころを見つめて、自分を律することが大切だと思います。

 

焦ってはいけません。

 

急いては事を仕損じます。

 

わたしらしく。

コツコツと。

そうやって、人生を積み上げて、そのプロセスも楽しんでいきたいと思います。

トラブルが起ってしまったら、1人で抱えずに相談してくださいね!

 

残念ながら、トラブルが起こってしまった場合。

周りの人に相談しましょう!

 

こんな風に考えていませんか?

 

「自分がいけないんだから」

「友人間のことを相談するのは、気が引ける」

「こんなことになって、恥ずかしい」

「友人の悪口を言うようで、心苦しい」

 

わかります。

でもね。

自分だけで抱えないでくださいね。

 

わたし自身、しばらく、こういう状況が続きました。

 

でも、周りの人は理解してくれました。

 

家族にも迷惑をかけましたが、親身になってくれました。

 

ただ、淡々と、こういうことがあったということを相談すれば、大丈夫!

 

落ち込んでいる時だからこそ、本当に勇気がいります。

でもね、相談してみた方がいいですよ、他の人に。

 

とっても客観的になれます。

学びもあります。

 

事実を事実として、ただ伝えるだけでいいのです。

きっと、悲しみのエネルギーは、前に歩き出すエネルギーへと変わりますよ。

 

ママが、同じように子育てするママを、くいものにする。

そんな悲しいことは、もうおきてほしくない。

 

周りに相談できる人がいる人も、いない人も、こういう時は、ここ!

国民生活センターへ相談を!

 

こういうことで悩んでいる人は、あなた1人ではありません!

大丈夫!

 

立て直せます!

自分の未来は、自分で切り拓いていけます!

 

どうか、1人で悩まないでほしいなあと思います。

まとめ

 

balloon-1046658_1920-min

ネットの世界は、玉石混交です。

 

だからこそ、知らない人からより、知っている人から教わろうとする心理が働くと思うんです。

しかし、そこに落とし穴がある場合があるから、困っちゃいますよね。

 

自分に近い人であるからこそ、判断がにぶることがあります。 大事な判断をする時は、慎重に慎重に。

 

こういう時は、気を付けよう!
①自分自身のこころに、「焦り」がある時。

「足りない」ことに焦点を合わせると、「焦り」がうまれてしまいます。

②自分に対する信頼が著しく低下している時。

③たとえ友人であっても、異常に焦らせたり、あおったりされた時。

④慢性的な睡眠不足で思考力が低下している時。

⑤自信のなさから、他人に依存する気持ちがある時。

 

 

あの日の自分に言ってあげたい。

「大丈夫。焦ることは、全然ないよ。」

「自分のこころの声を聞いて、大切にしてあげて。」

 

 

「どんな時も、試練から学び尽す!」

 

そう思っていれば、完全な失敗はありません。

わたしもまた、感謝と共に、前に進んでいきます

(*^-^*)

 

今日も、ママのしあわせが、もっともっと、ふえますように(*´ω`*)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© こころおだやかに暮らす , 2018 All Rights Reserved.